青色申告で65万円控除を受けるために作成する帳簿の種類

帳簿

会計帳簿は大別して「主要簿」と「補助簿」があります。
主要簿は、取引を体系的に統括する帳簿で、
補助簿はその名の通り補助的な役割をする帳簿です。

主要簿 補助簿
仕訳帳
総勘定元帳
現金出納帳
預金出納帳
売掛帳
買掛帳
経費帳
固定資産台帳
給与台帳

主要簿 – 仕訳帳と総勘定元帳

主要簿には「仕訳帳」と「総勘定元帳(略して元帳)」があります。
仕訳帳は、全ての取引が日付順に記帳される帳簿です。
総勘定元帳は、全ての取引が勘定科目ごとに記帳される帳簿です。

どちらも全ての取引を記載するという点では同じですが、
仕訳帳が単に日付順に全ての取引を記載するというのに対して、
総勘定元帳は勘定科目ごとに取引を記載するという違いがあります。

通常はまず仕訳帳や補助簿に記入をして、それを総勘定元帳に転記する形になりますが、
後述の通り、会計ソフトを利用する場合には仕訳帳や元帳に入力をする必要はありません。

補助簿 – 現金出納帳や預金出納帳など

個人事業の補助簿で、よく使われるものには以下の帳簿があります。

  • 現金出納帳 → 現金の入出金と残高などを記録する帳簿
  • 預金出納帳 → 預金の入出金と残高などを記録する帳簿
  • 売掛帳 → 取引先ごとに、売掛金の代金を記入や残高を記録する帳簿
  • 買掛帳 → 取引先ごとに、買掛金の代金を記入や残高を記録する帳簿
  • 経費帳 → 仕入れ以外の経費を記録する帳簿
  • 固定資産台帳 → 減価償却資産の減価償却費について記録する帳簿
  • 給与台帳 → 従業員の給料を記録する帳簿

補助簿は業種や業務内容によって扱う帳簿が異なるため、
状況に応じて必要のある補助簿だけ作成することになります。

会計ソフトでの帳簿のつけ方

会計ソフトを使って帳簿づけをする場合、
基本的には補助簿に入力していく形になります。
補助簿に入力すれば、主要簿である仕訳帳や元帳には自動で反映されます。
仕訳帳や元帳に転記する手間を省くことができるのです。
転記や計算ミスも減るので一石二鳥です。

例えば、現金で事務用品を買った場合
現金出納帳に消耗品費として購入した内容を入力します。
そうすれば、仕訳帳や元帳には自動で反映されます。

作成した帳簿は提出するわけではない

作成した帳簿は、確定申告の時に提出するわけではありません。
これらの帳簿は確定申告で提出する書類を作成するための根拠となるもので、
7年間は保管しておく必要があります。

税務調査などで税務署から提出を求められた場合には、
指定された帳簿を提示します。

青色申告で65万円控除を受けるために作成する帳簿をまとめると、
主要簿である「仕訳帳」と「総勘定元帳」は必ず作成します。
(会計ソフトを使って帳簿づけしていれば、これらは自動で作成されます。)
そして、業種や業態に応じて会計に必要な補助簿があればそれらをあわせて作成する形になります。