屋号の決め方 – 屋号の考案時に気をつけたいポイント

屋号のつけ方

法人で「○○株式会社」などの会社名があるように、
個人事業の場合は屋号がつけられます。
この屋号は、開業届にも記入欄があるのであらかじめ考えておきましょう。
(屋号をつけるのは義務ではありません。)

屋号のつけ方に特別な決まりはなく自由にネーミングできますが、
「○○会社」や「○○法人」「○○銀行」など、法人や銀行等と間違えてしまうような名前をつけるのは禁じられています。

一方、「○○オフィス」や「○○グループ」「○○事務所」などの表現は認められていますので、
事業の信用性を高めるためにこれらの表現を利用するのは構いません。

考えるのが面倒な場合は、「事業主の名前+サービス名」のような組み合わせがおすすめです。
例)鈴木工務店、小林事務所、山崎パン、など
これなら誰がどんな仕事をしているか一目瞭然です。

それでは屋号をつける際に気をつけたいポイントを見て行きましょう。

類似の企業名や近隣店舗などに気をつける

既存の企業名やブランド名などと混同しそうな屋号は避けましょう。
トラブルの元となります。場合によっては訴訟問題に発展しかねません。

有名企業やブランドとネーミングが被らないのはもちろん、
身近な同業者などにも注意が必要です。
飲食店を開業する場合などは店舗周辺に同業者はいるか、同じような名前の店はないか等をチェックしましょう。
また、インターネットを利用して商売する場合は、
考案した屋号で一度検索して同業他社をチェックしてみることも重要です。

屋号から業種や事業内容を理解できる

上述の「鈴木工務店」や「山崎パン」などのネーミングであれば、
屋号からあなたの業務内容がすぐに判別できます。
適切な屋号をつければ、業務に関する専門性を理解してもらえます。

個人事業での業務範囲が決まっている場合には、
サービス名や業種を屋号に盛り込みましょう。
これに個人名や好きな言葉などを合わせればオリジナルな屋号になりやすいです。

利用機会を考えて発音しやすい屋号にする

屋号の利用機会を考えて、発音しやすく聞き取りやすい屋号を心がけましょう。
取引先との会話や会計時に領収証をお願いするときなど、
屋号を口にする機会が多そうな場合は発音しやすく、相手が聞き取りやすい屋号になるようネーミングしましょう。

ちなみに、屋号は英語表記でも構いません。
開業届にはフリガナをふるようになっているので合わせて記入しましょう。

顧客に記憶してもらうための屋号

取引先や顧客に覚えてもらうためにも、記憶しやすい屋号を心がけましょう。
長すぎる屋号や聞き慣れない言葉ではなかなか覚えてもらえません。

屋号を伝える機会は事業主の名前や業務内容を覚えてもらうチャンスでもあるので、
リピーターの獲得が重要な仕事では、相手に覚えてもらいやすい屋号にすることです。

屋号と店名は一緒でも、別々でも構いませんが、
よく美容室がフランス語などの店名にしているのを見かけます。
それぞれ何か思いがあってつけた名前だとは思うのですが、
あれは顧客からの認知という意味では失敗例と言わざるをえません。

屋号で信用性を高める

本記事冒頭の「○○事務所」や「○○グループ」などのように、
信用や事業規模を演出できるネーミングは有効です。

個人事業のハンデともいえる信用を補填するために、
事業の信用性・信頼性が高まるような言葉を盛り込むのも一手です。

他にも「◯◯オフィス」「◯◯商事」「◯◯サポート」など、
事業者の信用性が自然と想起されるようなネーミングが可能です。