個人事業主の年間スケジュールについて

法人の事業年度の開始月は自由に決めることができますが、
個人事業の場合、事業年度は1月1日〜12月31日と決まっています。

この1年間の会計情報を記録して、
翌年の2月中旬〜3月中旬の間に税務署へ確定申告をすることになります。

前年の会計結果を2月中旬〜3月中旬の間に確定申告する

申告期間は2月16日から3月15日までの1か月間ですが、
その年によって微妙に日程が前後します。(土日の関係で。)
12月31日から2月16日まで間があいているので、
この間に前年の会計情報をしっかりと整理しておきましょう。

決められた申告期間の間であれば、いつ確定申告を出しても大丈夫です。
ただ、税務署の心証を考慮すると、
申告期限ギリギリに提出する人の方が税務調査に入られやすいという見方もあるようです。

会計の記録の仕方は、帳簿を作ってそれに書き込むスタイルでも良いし、
青色申告ソフトに入力をして、それを出力するというやり方でもOKです。
事業の帳簿をつけやすいように簡易帳簿が市販されているので、
それを使うのも良いでしょう。

ただ、簿記初心者の方には専用の会計ソフトを利用するのがおすすめです。
個人事業専用に、青色申告ソフトと呼ばれる会計ソフトが販売されているので、
それを使えば簿記の知識がそこまでなくてもなんとかなります。

税金の納付時期について

確定申告をしてすぐに納付しなければならないのが、
所得税です。所得税は3月15日までに現金一括で支払う必要があります。
口座引き落としにする場合は4月中旬頃に引き落とされます。

消費税は3月31日までに支払う必要がありますが、
消費税は開業してから2年間は支払う必要がありません。
また、開業して2年以上経っていても、
課税売上高が1,000万円以下の事業者は、納税の義務が免除されます

住民税に関しては、
6月頃に住民税の通知がくるのでそれを納付することになります。
住民税は一括払いか分割払いを選ぶことができ、
分割の場合は6月、8月、11月、1月に納めます。

また、個人事業税は8月上旬に県税事務所から納税通知書がくるので、
8月、11月の2回に分けて納めることになっています。