青色申告65万円控除を選択すると実際いくら得するか

青色申告65万円控除の効果

所得税の計算で白色申告の場合と青色申告65万円控除の場合を比較

青色申告65万円控除が受けられる場合は、課税所得金額を計算する際に65万円が控除されます。
65万円は控除額であって、所得税が65万円軽減されるわけではないので注意しましょう。
特別控除のない白色申告と青色申告65万円控除がある場合で、
どれだけ納税額に差があるのかを所得税の計算で簡単にチェックしておきましょう。

まず、所得税は以下の計算式で算出します。

売上 − 必要経費 − 各種控除 = 課税所得金額
課税所得金額 × 税率 − 課税控除額 = 所得税額

課税所得金額に応じて、かける税率と課税控除額が変わります。

課税所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円超 40% 2,796,000円

計算例で65万円控除の効果をチェック

売上600万 経費300万 その他の控除30万
この場合で白色申告と青色申告の納税額の違いをみてみましょう。

先ほどの式にこれらの数値をあてはめます。

白色申告の場合
600万 − 300万 − 30万 = 270万
270万 × 10% − 97,500円 = 172,500円

青色申告65万円控除がある場合
600万 − 300万 − 30万 − 65万 = 205万
205万 × 10% − 97,500円 = 102,500円

白色申告の場合の所得税額は、172,500円
青色申告の場合の所得税額は、102,500円

172,500円 - 102,500円 = 70,000円

この場合は、所得税の納税額に7万円の差が出るわけです。

計算式をみれば分かる通り、
青色申告65万円控除は収入が多い人程節税の効果が増します。
そのため、個人事業主は収入が多い人ほど青色申告を選択する割合が多くなります。